2017年 08月 04日 ( 1 )

先日ある方のブログへのコメントで、「ストロボを買った」という話をしたら、
是非ブログで紹介してほしいとリクエストを頂きましたのでひとネタ書きます。
ブツ撮りがメチャクチャ上手い方なので、クォリティ低いですがご容赦を^^;

う~んと、どこから話せばいいか・・・

内蔵ストロボではなく外付けストロボを、カメラの上に取り付けて光らせる「クリップオン」ではなく本体と別の所で光らせるスレーブ機能。
もちろん本体からの命令(シャッターを切るタイミング)で光るわけですが、その命令方法は大きく分けて3つ。
1.赤外線
2.本体の小さなストロボを光らせてその光を感知
3.無線

1と2は中級機以上のストロボを持っていればそれだけで出来ます。(CANONの一部など本体にストロボ機能が無いものは不可)
ただそれぞれに弱点があって、
1.本体とストロボの間に障害物があるとダメ
2.同じく光が届かなかったらダメ、他の人のストロボにも反応してしまう
など。

そういう諸々を解決したのが「3.無線」です。
ただ、道具を別途購入の必要があります。
無線なのでたいていの障害物は問題ないし、距離も100メートルとかもOKな機種もあります。

ここで、そもそも「何で離して光らせる必要があるのか」。
これは、ざっくりいうとカッコいいのが撮れるからです(笑)ホントです。


この無線機、いくつかの会社から出ていて、少し前にGODOX(ゴドックス)という会社のものを買って、何やかんやと使っていました。
写真左の二つの四角形が送信機と受信機です。
それぞれカメラとストロボに付けて使うんですが、ちょっと面倒だなぁと思っていました。

TTLワイヤレスフラッシュトリガーGODOX X1

で、この度受信機機能の付いたストロボを新たに買っちゃいました。
それが写真右。ちなみに送信機能もあります。

GODOX TT685N i-TTL

これで小さいながらも荷物が一つ減り、またストロボが2つになったことで二つとも遠隔で光らせることもできます。
つまり、遊びの選択肢が大幅に増えた、ってことです。


無線機あれば相当遊べますが、1.2.でも室内程度であればじゅうぶん遊べます。
外付けストロボお持ちの方でやったことのない方、まだストロボをお持ちじゃない方、一度ネットでググってみて下さい。
面白い世界が覗けますよ~。




e0371166_22164394.jpg




メインブログ Revior... http://revoir.exblog.jp/





.

[PR]
by dima02 | 2017-08-04 09:32 | Trackback | Comments(4)

メインブログ「Revoir...」の姉妹ブログです。メイン→ http://revoir.exblog.jp


by dima